34歳サラリーマンが旧善光寺街道会田宿に元旅籠の古民家をケンチクした物語


by aida_wakamatsuya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

検索

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

浸水事件

この時期にしては珍しく大雨が降り、心配になって現場に来てみました
まず目についたのが裏庭のデッキ部分の土間コンに溜まった雨水
写真はありませんが、深さ3センチほど溜まっていました
まだ仕上げ前だったので水勾配もついてなく、
運悪く家側に少し傾斜していたせいもあるかもしれません

家の周りをぐるっと回ってみると、表側の縁側の基礎部分に水シミが
e0216636_8572452.jpg

こちらは土地の傾斜の下の方になるので、水が集まりやすいところ
ただ事ではないと思い、家の中へ

洗面脱衣室に設けた床下点検口を開くとそこには
e0216636_8572831.jpg

深さ2センチほどの水たまりに使った配線コードが
床下浸水です(あちゃー)

この土地は水道(みずみち)の上にあたるらしく昔から水が豊富に出たところ
裏には里山を控え、山からの地下水が水圧で湧き出てきたのかもしれません
この家の床下を解体した時にも、昔から水対策に苦労したらしい痕跡がありました
その代わり、この家にある井戸は付近の住民も水を借りに来るぐらい
枯れない井戸として有名だったそうです

ともかく床下に入ってしまった水は取り除かなければいけません
親方自ら床下に潜って水を吸い出してくれました

薪ストーブを置くスペースから床下へ侵入します
ここは水が来ていませんでしたし、タイルを貼るのでどっちみちフローリングは切り取る予定でした
e0216636_8565619.jpg

床下の懐をそんなに取れない構造なので、このように人が入るのもギリギリ
e0216636_857239.jpg

酸欠になりながらも最後まできれいにしてくれました
e0216636_8571082.jpg



次なにかあった場合、同じように潜らないといけないのだろうか

雨水対策は外構含め、検討してもらえるようでとりあえずほっと一息でした
[PR]
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
by aida_wakamatsuya | 2011-05-30 08:56